メインビジュアル

ARTICLE

関連記事

QLCシステム株式会社 > 関連記事 > 【通所介護】よくわかる科学的介護推進体制加算<LIFE関連加算>
科学的介護推進体制加算

【通所介護】よくわかる科学的介護推進体制加算<LIFE関連加算>

【通所介護・デイサービス】※令和3年度改定版

科学的介護推進体制加算は、令和3年度介護報酬改定により科学的介護情報システム「LIFE」の運用開始とともに新設されました。本ページでは、デイサービスにおける科学的介護推進体制加算の算定要件等をご紹介します。詳細につきましては管轄の都道府県(市区町村)、LIFEヘルプデスクにお問い合わせ下さい。

 

1.科学的介護推進体制加算とは

科学的介護推進体制加算とは、科学的介護の理解と浸透を図る観点から、利用者に係る提出情報(各項目の収集項目)のデータをLIFEへ提出してフィードバックを受け、それらに基づき事業所の特性やケアの在り方等を検証し、利用者のケアプランや計画への反映(フィードバックの活用)、PDCAサイクルの推進とケアの質の向上の取り組みを評価する加算です。

■ 科学的介護情報システム「LIFE」とは
2021年4月より、利用者の状態やサービスの内容等の幅広い情報を集める「CHASE」とリハビリの情報に特化した「VISIT」の一体運用が始まり、統一された名称が“科学的介護情報システム「LIFE(ライフ)」Long-term care Information system ForEvidence” です。

関連記事:【よくわかる2021年報酬改定】科学的介護情報システム「LIFE」  

 

LIFE提出情報「科学的介護推進に関する評価」
基本情報 評価日・前回評価日・記入者名
氏名・生年月日・性別・保険者番号・被保険者番号・事業所番号
障害高齢者の日常生活自立度及び認知症高齢者の日常生活自立度
総論 ADL(任意項目:既往歴(前回評価時より変化があった場合のみ)・服薬情報・家族同居状態・在宅復帰の有無など)
口腔・栄養 身長・体重・口腔の健康状態・誤嚥性肺炎の発症、既往(任意項目:褥瘡の有無)
※既往:初回入力時に既往、2回目以降の入力時は前回評価後の発症を記載
認知症  認知症の診断・DBD13(認知症の診断または疑いがある場合に記載)・Vitality Index(任意項目:起床・食事・排せつ・リハビリ・活動)

※提出情報の詳細につきましては、「科学的介護情報システム(LIFE)関連加算に関する基本的考え方並びに事務処理手順例及び様式例の提示について(介護保険最新情報vol.938)」の別紙様式1をご確認下さい。

 

.単位・算定要件
科学的介護推進体制加算
単位数 利用者一人あたり、40単位/月 ※通所サービス
算定要件


(イ):利用者ごとのADL値、栄養状態、口腔機能、認知症の状況、その他の入所者の心身の状況等の係る基本的な情報を厚生労働省に提出していること。(LIFEの活用)
(ロ):必要に応じてサービス計画を見直すなど、サービスの提供に当たって、(イ)に規定する情報その他サービスを適切かつ有効に提供するために必要な情報を活用していること。(PDCAサイクルの運用)

 

3.LIFEへの情報提出について
■ 情報提出の頻度
利用者ごとに下記 (ア) ~ (エ) の定められた月の翌月10日までに提出 ※2回目以降は、最低6ヵ月ごとに提出すること。

※情報の提出すべき月に提出が行えない場合は、直ちに訪問通所サービス通知第1の5の届出を提出する必要あり。
※情報提出が行えなかった月のサービス提供分から情報の提出が行われた月の前月までの間について、利用者全員について加算を算定できない。
 (例:4月の情報を5月10日までに提出が行えない場合、直ちに届出が必要であり、また4月サービス提供分から算定ができないこととなる。)


(ア)算定を開始しようとする月において、サービスを利用している者(既利用者)は、算定を開始しようとする月

(イ)算定を開始しようとする月の翌月以降にサービスの利用を開始した利用者(新規利用者)は、サービスの利用を開始した月

(ウ)2回目以降の情報提供は、最低6ヵ月ごと

(エ)サービスの利用を終了する利用者は、サービス利用終了月

■ データ提出の期限(猶予期間)について
令和3年度においては、LIFEに対応した介護記録システム等を導入するために時間を要する等の事情のある事業所・施設については、
下記猶予期間が設けられています。

  • 令和3年4月~9月末日までに算定開始する場合:令和3年10月10日まで。
  • 令和3年10月~令和4年2月末日までに算定開始する場合:令和4年4月10日まで。

 

LIFE関連加算に対応! 機能訓練加算 算定サポートシステムACE(エース)

帳票自動作成で業務負担を大幅軽減LIFEデータ提出に対応
問診機能と連動し、計画書等の帳票を自動作成。
LIFE提出に必要なコードも自動で紐付け、ワンクリックで提出用データの出力が可能!

ACE(エース)は下記加算に対応しております
運動器機能向上加算・個別機能訓練加算(Ⅰ)・個別機能訓練加算(Ⅱ)
口腔機能向上加算(Ⅰ)・口腔機能向上加算(Ⅱ)・ADL維持等加算
科学的介護推進体制加算・入浴介助加算(Ⅱ)

※2021年10月8日より「通所介護計画」作成機能がリリースされました。

実際にACEシステムをご覧頂ける無料のデモンストレーションも行っておりますので、ご気軽にお問い合わせ下さい。

参考:公益財団法人全国老人保健施設協会「①「科学的介護情報システム(LIFE)」の活用等について ②「科学的介護情報システム(LIFE)」の活用等について(その2)(介護保険最新情報vol.931)」「科学的介護情報システム(LIFE)に係る対応等について(介護保険最新情報vol.973)」
厚生労働省ホームページ(第199回社会保障審議会介護給付分科会/資料1210219 【事務連絡】「科学的介護情報システム(LIFE)」の活用等について)
かすみがうら市ホームページ(介護長寿課「CHASE利用申請受付について」)

大阪府茨木市ホームページ(茨木市健康福祉部福祉指導監査課「【介護保険事業者向け】CHASE利用申請受付等について」)