メインビジュアル

ARTICLE

関連記事

QLCシステム株式会社 > 関連記事 > 【個別機能訓練加算】生活機能チェックシートの書き方
個別機能訓練

【個別機能訓練加算】生活機能チェックシートの書き方

【通所介護・デイサービス】※令和3年度改定対応版

個別機能訓練加算の算定には、利用者の居宅での生活状況を把握する居宅訪問が必須となっています。本ページでは、その際に厚生労働省が活用するようを示している「生活機能チェックシート」の書き方やポイント等をご紹介します。

【目次】
1.居宅訪問での「生活機能チェックシート」とは?
2.生活機能チェックシートの書き方
3.ADL項目の評価「バーセルインデックス(Barthel Index)」
4.興味・関心チェックシートの活用                                                         

 【関連記事】
◆よくわかる個別機能訓練加算(Ⅰ)イ・ロ
◆よくわかる個別機能訓練加算(Ⅱ)<LIFE活用加算>
◆【完全マニュアル】個別機能訓練計画書の作成方法
◆【個別機能訓練加算】実施記録の付け方


【登録無料】デイサービスお役立ち情報メールマガジン
機能訓練に特化した情報やデイサービスに関する最新ニュース、
弊社主催セミナー等への優先案内などを配信しております。よろしければ下記よりご登録下さい。
ご登録はこちら


機能訓練加算算定サポートシステムACE(エース)【SNS公式アカウント】
随時セミナー開催に関するお知らせや機能訓練に役立つ情報などを
できるだけ身近に感じていただけるよう情報発信しております。
よろしければ、下記よりフォロー&「いいね!」よろしくお願い申し上げます。

Facebook  Instagram  Twitter

1.居宅訪問での「生活機能チェックシート」とは?

個別機能訓練加算は、住み慣れた地域で居宅において可能な限り自立して暮らし続けることを目指すために設けられた加算のため、各利用者宅への訪問が必須となっています。利用者の居宅での生活状況については「生活機能チェックシート」を使い、多職種との情報共有に役立てたり、個別機能訓練計画の作成時に利用者の生活目標の設定や課題の掘り起こしに活用します。

生活機能チェックシートで確認する内容は、主に下記2点です。

  • 利用者の居宅の環境(居宅での生活において使用している福祉用具・補助具等を含む)を確認する。
  • ADL、IADL項目について、居宅の環境下での自立レベルや実施するにあたっての課題を把握する。

※居宅訪問は3カ月ごとに1回以上行う必要があり、生活機能チェックシートの作成も同様の頻度で行います。また、個別機能訓練加算(Ⅱ)の算定にあたり、LIFEへのデータ提出として計画書だけでなく生活機能チェックシートも必須となっています。
個別機能訓練加算(Ⅱ)のLIFEへの提出情報につきましては、下記ページをご覧下さい。
関連記事:よくわかる個別機能訓練加算(Ⅱ)<LIFE活用加算>

 

2.生活機能チェックシートの書き方

生活機能チェックシートでは、ADL・IADL・起居動作の各項目を [自立] [見守り] [一部介助] [全介助] の4つのレベルで評価し、それぞれ課題の [有・無] をチェックします。

■ ADLとは
日常生活に必要な行為である着替えや食事、移動、トイレ、入浴などの日常生活動作。                                      

■ IADLとは
ADLをもとに複雑な動きと判断が求められる、応用的な動作である買い物や調理、洗濯、掃除、公共交通機関等の利用などの手段的日常生活動作。

また、各項目を行う場所や環境設備等は[環境]、生活環境の問題点や課題があれば[状況・生活課題]の欄に記載します。
(例) 入浴:浴槽内に台を設置している/食事:配食サービス利用、電子レンジ使用、食べこぼしがある 等


【 生活機能チェックシート<参考記入例>】


※個別機能訓練計画の作成に関わる職員であれば、機能訓練指導員以外が居宅訪問を行い、生活機能チェックシートを行う者の資格がありますので、別途ご確認下さい。

<生活機能チェックシート>
厚生労働省が発表の様式になります。下記よりダウンロードいただけます。
 📄別紙様式3-2(生活機能チェックシート)
 
3.ADL項目の評価「バーセルインデックス(Barthel Index)」

「バーセルインデックス(BI)」はADLを評価する指標であり、食事、車椅子からベッドへの移動、整容、トイレ動作、入浴、歩行、階段昇降、気が、排便コントロール、排尿コントロールの計10項目の自立度を5点刻みで点数化し、その合計を100点満点として評価する仕組み。

■ 目安(総合点数)
40点以下:ほとんどすべての項目において介助が必要
60点以下:起居移動動作を中心に介助が必要だと推測できる


【 バーセルインデックス評価基準 】

※ADL維持等加算の算定の際のADL評価に関しては、バーセルインデックス(BI)を適切に評価できる「一定の研修を受けた者」という要件が令和3年度の改正により追加になりました。詳細につきましては、ADL維持等加算の算定要件、厚生労働省発表のQ&Aをご確認下さい。
 
4.興味・関心チェックシートの活用

個別機能訓練の目標を設定するにあたり、生活機能チェックシートとともに活用するのが「興味・関心チェックシート」です。
利用者の日常生活や社会生活等について、現在行っていることや今後行いたいこと(ニーズ・日常生活や社会生活等における役割)を把握するにあたって興味・関心チェックシートを用います。各生活行為に対して、 [している] [してみたい] [興味がある] の3つで大まかに把握します。

<チェック方法>
  • 現在している行為は「している」に「〇」
  • 現在していないが、してみたい行為は「してみたい」に「〇」
  • 興味がある行為は「興味がある」に「〇」
  • できる・できないにかかわらず、どれにも該当しない場合は「している」に「×」
  • リスト以外に生活行為で思い当たる行為があれば、その他の空欄を利用して記載する

【 興味・関心チェックシート<参考記入例>】


個別機能訓練加算(Ⅱ)の算定において、LIFEへのデータ提出として「興味・関心チェックシート」は任意となっております。

<興味・関心チェックシート>
厚生労働省が発表の様式になります。下記よりダウンロードいただけます。
📄別紙様式3-1(興味・関心チェックシート) 

 

個別機能訓練加算の算定や業務改善に ― 機能訓練加算 算定業務サポートシステムACE(エース)

利用者の状態を把握する【問診・評価】身体機能と生活機能を合わせた【訓練プログラム】
業務の負担となる【計画書作成】をはじめ、LIFEに対応した【データ出力】
算定に関わるすべての業務を自動化し、加算算定を全面サポートします。
これまでに全国約1300事業所がACE(エース)を導入して機能訓練を開始し、実地指導をクリアしています!

加算算定に関わる業務を効率化するシステムの活用方法をご紹介しております。
実際にACEシステムをご覧頂ける無料のデモンストレーションも行っておりますので、ご気軽にお問い合わせ下さい。

参考:厚生労働省「リハビリテーション・個別機能訓練、栄養管理及び口腔管理の実施に関する基本的な考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について(介護保険最新情報vol.936)」「令和3年度介護報酬改定について」
近畿厚生局「留意事項通知における別紙様式」
一般社団法人日本作業療法士協会「興味・関心チェックシート」