メインビジュアル

ARTICLE

関連記事

QLCシステム株式会社 > 関連記事 > デイサービス(通所介護)の減算一覧【令和3年度改定版】
減算

デイサービス(通所介護)の減算一覧【令和3年度改定版】

【通所介護・デイサービス】※令和3年度改定版

本ページでは、デイサービスの各減算についてご紹介します。※詳細は、管轄の行政へご確認ください。

【目次】
1.送迎減算
2.同一建物建物減算
3.人員基準欠如による減算
4.定員超過利用による減算          


【登録無料】デイサービスお役立ち情報メールマガジン
機能訓練に特化した情報やデイサービスに関する最新ニュース、
弊社主催セミナー等への優先案内などを配信しております。よろしければ下記よりご登録下さい。
ご登録はこちら


機能訓練加算算定サポートシステムACE(エース)【SNS公式アカウント】
随時セミナー開催に関するお知らせや機能訓練に役立つ情報などを
できるだけ身近に感じていただけるよう情報発信しております。
よろしければ、下記よりフォロー&「いいね!」よろしくお願い申し上げます。

Facebook  Instagram  Twitter

1.送迎減算

通所介護、通所リハビリテーションでは、基本報酬に送迎サービスに係る報酬が包括されています。そのため、送迎を行わない場合(利用者がご自身で事業所へ通所する場合や家族等が送迎する場合等)は、減算の対象となります。

<減算単位>
片道 -47単位
往復 -94単位

※通所介護事業所が提供する宿泊サービスを利用した場合は、送迎実績が送迎減算の対象となります。
※送迎の実施有無が減算の対象となるため、徒歩で利用者の送迎を行った場合は送迎減算の対象とはなりません。
※同一建物減算の対象利用者は、送迎減算の対象とはなりません。

 

2.同一建物減算

通所系サービスでは、事業所と同一建物に居住する利用者にサービスを提供した場合に減算となります。

<減算単位>
-94単位/日 ※通所系サービス
※同一敷地内や隣接する敷地内に所在する建物は減算の対象とはなりません。
※住居部分と事業所の運営法人が異なる場合であっても減算の対象となります。
※傷病その他やむを得ない事情により送迎が必要であると認められる利用者に対して送迎を行った場合は、減算対象とはなりません。
<令和3年度介護報酬改定より>
同一建物減算の適用を受ける者と当該減算の適用を受けない者との公平性の観点から、同一建物減算の適用を受ける者の区分支給限度基準額の管理については、減算適用前の単位数を用いることとなります。
※規模別の基本報酬について、大規模型を利用する者は通常規模型を利用する者との公平性の観点から、通常規模型の単位数を用いることする。
具体的には、
①区分支給限度基準額管理の対象外の算定項目を除き、そう単位数を計算する。
②基本報酬について、通常規模型にて計算した場合の単位数に置き換えた上で、区分支給限度基準額管理の対象外の算定項目を除き、総単位数を計算する。
③区分支給限度基準額の管理においては、①の総単位数ではなく②の総単位数にて行う。
 
3.人員基準欠如による減算

事業所の看護職員、介護職員等の定員数が厚生労働大臣の定める人員基準を満たさない場合、介護給付費が減額されるものになります。
※人員基準欠如減算は看護職員及び介護職員を対象とするため、生活相談員や機能訓練指導員等は対象ではありません。

<減算額>
※人員基準欠如減算は看護職員及び介護職員を対象とするため、生活相談員や機能訓練指導員等は対象ではありません。
<デイサービスで必要な人員配置>
管理者 常勤1名以上 ※事業所の管理業務に支障がない範囲で他の職務と兼務可。
生活相談員 サービス提供時間数に応じて、専従で通所介護サービスの提供する人が1名以上
<資格要件> 社会福祉主事(任用資格可)、社会福祉士、精神保健福祉士
※地域によって介護福祉士のみでも可能の場合があります。自治体によって異なりますので、管轄の市区町村にご確認下さい。
機能訓練指導員 常勤1名以上
<資格要件> 看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、一定の実務経験を有するはり師きゅう師のいずれかの資格を有する者。同じ事業所内での他職務との兼務可。
看護職員 <利用者の定員数が10名を超える場合> 単位ごとに専従で1名以上
※通所介護の提供時間帯を通じて専従する必要はなく、訪問看護ステーション等との連携可。
<利用者の定員数が10名以下の場合> 看護職員又は介護職員のいずれか1名の配置で可。
介護職員 単位ごとにサービス提供時間に応じて専従で①利用者数15人までは1名以上②15人以上の場合、1人増すごとに0.2を加えた数以上(ex.利用者数20人以下は2名以上、25人以下は3名以上)
※生活相談員又は介護職員のうち1名以上は常勤。
 
4.定員超過利用による減算

通所介護事業所において厚生労働大臣が定める利用者数の基準を上回る利用者を通所させている場合、介護給付費の減額を行うものです。

<減算額>
定員超過利用に至った月までの全利用者について、所定単位数が通所介護費等の算定方法に規定する算定方法に従って30%減算されます。※定員超過利用が解消されるに至った月の翌月から通常の単位数での算定に戻ります。
<通所介護における規模別の利用者定員数>
地域密着型 定員18人以下
通常規模型 定員19人以上、月750人以下
大規模型Ⅰ 定員19人以上、月751~900人
大規模型Ⅱ 定員19人以上、月901人以上

 

個別機能加算・口腔機能向上加算の算定には ―
加算算定サポートシステムACE(エース)

利用者の状態を把握する【問診・評価】身体機能と生活機能を合わせた【訓練プログラム】
業務の負担となる【計画書作成】をはじめ、LIFEに対応した【データ出力】など算定業務を自動化
これまでに全国約1300事業所がACE(エース)を導入して機能訓練を開始し、実地指導をクリア

機能訓練加算の算定・業務効率化をお考えの方は、是非一度お問合せより資料をご請求下さい。
加算算定に関わる業務を効率化するシステムの活用方法をご紹介しております。

実際にシステム操作をご覧頂ける無料のデモンストレーションも行っております

参考:熊本県健康福祉部長寿社会局高齢者支援課熊本市健康福祉局福祉部介護保険課「通所介護事業の手引き」
厚生労働省「第141回社会保障審議会介護給付費分科会/参考資料3」「第150回社会保障審議会介護給付費分科会/資料1」