メインビジュアル

ARTICLE

関連記事

QLCシステム株式会社 > 関連記事 > 高齢者のICT活用の在り方
デジタル化

高齢者のICT活用の在り方

【通所介護・デイサービス】

近年、介護現場ではICTの活用が推進されており、コロナ禍の影響もあり、介護サービスを利用する高齢者の間でもインターネット利用が広がっています。本ページでは、高齢者のICT利用についてご紹介します。

【目次】
1.進む高齢者のインターネット利用
2.高齢者のICT活用が促す効果
3.高齢者に向けたICT推進の取り組み                                                                                                                    


【登録無料】デイサービスお役立ち情報メールマガジン
機能訓練に特化した情報やデイサービスに関する最新ニュース、
弊社主催セミナー等への優先案内などを配信しております。よろしければ下記よりご登録下さい。
ご登録はこちら

1.進む高齢者のインターネット利用
高齢者のインターネット利用は、年々増加傾向にあります。なかでもスマートフォンによる利用が多くなっています。スマートフォンや携帯の利用目的の多くは、ネットショッピングや情報収集となっています。
<高齢者のインターネット利用率(2019年)>
 60~69歳 90.5%
70~79歳 74.2%
80歳以上 57.5%

出典:総務省「通信利用動向調査」

 

2.高齢者のICT活用が促す効果
高齢者のICT利用は、以下のようなさまざまな効果が挙げられています。
<高齢者本人への効果>
◎ コミュニケーションやアクティビティの増加

メールやSNS等を通じて、身近な人とのコミュニケーションや子供や孫との連絡を取る機会が増えます。また、ICT利用している知人の影響などで写真撮影やブログ投稿といった分野へ取り組むようになり、趣味が増え、撮影のための旅行や遠出などアクティブな活動にも繋がります。


◎ 健康面の改善

ICTの活用で脳が活性化されると言われており、例えば半身麻痺になった女性がブログを始めたことで思考能力が改善など、リハビリテーション効果が認められています。


◎ 楽しみ・喜び・刺激・安心感の提供

ICT利用で多様な情報と接し、刺激が得られたり、日常生活に楽しみが増えたりします。出張パソコン教室で最初は表情が固かった参加者の表情がパソコンの操作が進むにつれて柔らかくなるなどの効果が認められています。


◎ 居場所と役割の形成

パソコンを学ぶ、インターネットを利用することで、新しい人間関係や交流が生まれ、高齢者の居場所や役割が形成されることもあります。インターネットを介した人との交流は孤独に陥ることを防ぎ、新しい生活への活力になります。また、趣味グループへの参加などによって、その人なりの役割や目標が生まれることもあります。

<周囲への効果>
◎ 家族等とのコミュニケーションの増加と円滑化

本人だけでなく、高齢者がパソコンやスマートフォンなどを使ってネットを利用することで、子供や孫との共通の話題が生まれ、コミュニケーションが取りやすくなります。


◎ 介護やリハビリテーション等での家族の負担軽減

重い病気や障害を抱える高齢者と直接会うことが難しい家族や友人とメールやテレビ電話などでのやり取りや遠隔地からの励ましで、高齢者の周囲の人が安心したり、高齢者を支える家族の心理的な負担を減らすことができます。また、ICTを活用したコミュニケーションは、直接的や間接的に介護予防や健康改善などの効果をもたらし、介護負担軽減へも繋がるとされています。

 
3.高齢者に向けたICT推進の取り組み

新型コロナウイルス感染症への対応等や高齢者の孤独を防ぎ、心身の健康維持のためにメールやSNS等を活用し、事故防止や人との交流・つながりを持てるようにICT活用を推進する取り組みが各自治体で実施されています。詳細につきましては、管轄の自治体へご確認下さい。

<大阪府高槻市の場合>
市内に居住する高齢者を対象に「高齢者ICT推進事業」として以下内容の取り組みを行っています。

  • スマートフォン講座の開催
  • リモート活動の展開(オンライン介護予防教室の試み等)
  • 市SNSやアプリの利用登録、市ホームページ検索の相談支援 など

詳細につきましては、下記ページをご確認下さい。
高槻市 健康福祉部長寿介護課「高齢者ICT推進事業」

<富山県富山市の場合>
認知症の高齢者等の徘徊による事故防止や家族の負担軽減を図るためのICT活用として、
小型タグと専用アプリを利用した「ICT活用認知症高齢者捜索支援事業」を行っています。        

詳細につきましては、下記ページをご確認下さい。
富山市 福祉保健部長寿福祉課地域ケア推進係「ICT活用認知症高齢者捜索支援事業」

 

個別機能訓練加算・口腔機能向上加算の算定や業務の効率化に ― 機能訓練加算 業務サポートシステムACE(エース)

デイサービスの個別機能訓練加算・口腔機能向上加算に特化した算定業務サポートシステム “ ACE(エース) ” では、
利用者の状態を把握する【問診・評価】身体機能と生活機能を合わせた【訓練プログラム】
業務の負担となる【計画書作成】をはじめ、LIFEに対応した【データ出力】
算定に関わるすべての業務を自動化し、加算算定を全面サポートします。

これまでに全国約1200事業所がACE(エース)を導入して機能訓練を開始し、実地指導をクリアしています


個別機能訓練加算の算定・業務効率化をお考えの方は、是非一度お問合せより資料をご請求下さい。
加算算定に関わる業務を効率化するシステムの活用方法をご紹介させて頂きます。
実際にACEシステムをご覧頂ける無料のデモンストレーションも行っておりますので、ご気軽にお問い合わせ下さい。

参考:総務省「令和2年度版情報通信白書」
消費者庁「COLUMN3 高齢者のインターネット利用と「人付き合い」」
総務省「超高齢社会におけるICT活用の在り方」
公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット「高齢者のICT利活用の支援」「高齢者のICT利活用の効果」